Takumi 製作所

主に工作。殆ど工作。色々自分でやった事の記録です。

100均工作 アクアリウム用品編

以前ギター用品でやった100均商品流用のアクアリウム用品編です。

 

元々アクアリウム関係のグッズはそんなに高くないので金額的なお得感はないんですが、

出来上がりもチープなんですが、

ブログの記事もショボイんですが、

なんなら書かなくても良いんですが。。。

 

記事の内容が薄い時は前置きが長い。

コレは当ブログの決まりなので敢えてダラダラ書いてます。

 

さて、1つ目は小型の上部式フィルター。

え?前回の記事と同じじゃん。

ええ、同じです。

アレもメインの材料は100均で買ったシューズボックスと刻みネギ保管用のプラ容器なので。

詳しくは コチラ

 

2個目は水槽のフタ

一気にショボくなりました。

しかし、水槽に付いてるフタが使えない時もあるかと。。。

 

しかし、100均で透明な板…

トースターで温めると縮むプラ板は薄過ぎなので他にいい物は無いかと探したところ、

ありました!

その名も『カードケース』(ドラえもん風に)

カードケース??

少し説明すると、透明なプラスチックの板を2枚重ね、3辺を閉じた物。

コレでもわかりにくいか…

昭和50年代の中高生が明星や平凡からお気に入りのアイドルのグラビアを切り抜いて入れて下敷きとして使った物。(わかる年代限られるか)

 

それでも厚さが薄くたわみそうなので

2mm厚のプロピレンの板も使いました。

f:id:unotaku2727:20180917202857j:image

 

水槽の大きさに切って…

f:id:unotaku2727:20180917204349j:image

 

貼ったら…

 

完成!

f:id:unotaku2727:20180918070031j:image

ほらね、本編は薄々。

 

あえて注意点を書くなら、大きな水槽はもっと補強をしっかり作らないと厳しいかと。

今回使った水槽は横18cm,奥行12cmと小さいサイズなので補強はこんな感じです。

 

 

続いては『仕切り』

1つの水槽を仕切って使おうという発想そのものがチープなんですが、フィルターや照明等が1つで済むから経済的なんだとか。(他人事かい)

モチロン専用の物が売ってますが、

板の部分が網だったり、板に穴が空けてあったりします。

それだとザリガニは脚をかけて登ってしまうので使えません。

見栄えはともかく作った方が安いと言う理由だけですが。

 

使う材料は

PP板(1.2mm厚)と吸盤とテグス

100均では主に2種類の吸盤が売ってますが、

今回使うのは突起に横から穴が空いてる通称『乳首ピアスタイプ』です。

f:id:unotaku2727:20180917212326p:image

 

作り方は至って簡単。

使う水槽のサイズに合わせてPP板を切って、

吸盤を切って、穴あけて、板にも穴あけて、

f:id:unotaku2727:20180918071117p:image

 

テグスを使って吸盤をくくり付けたら完成!
f:id:unotaku2727:20180917212841j:image 

 

一応設置例
f:id:unotaku2727:20180917212844j:image

 

注意点としては…

今回仕切りたい生体はザリガニと大きめなので仕切板の精度は低くても問題ないとゆーか、むしろ水の循環を考えたら隙間は多めの方がイイ感じです。

実際、上の方はあえて水面より低くしてます。

 

ようやく最後。

ガラス面掃除用のスキージ。

コレは色んなタイプのものが売られてて値段もそんなに高くないからついつい買ってしまいます。

 

↓こんなのとか他にも3、4種類買いましたが、

f:id:unotaku2727:20180917213845j:image

 

どれもイマイチ使いにくい。

どう使いにくいかと言うと、どれもヘラの部分が厚く、水の抵抗が大きいので使ってると思いの外水がかき混ぜられるし、レイアウトの込み入った所で使うと水草を引っ掛けて抜けたりします。

 

で作ってみた。

材料は1.2mm厚のPP板。

こんな感じに切って折るだけ。

f:id:unotaku2727:20180917214410j:image

 

完成!

f:id:unotaku2727:20180917214348j:image

 

反対側は小サイズ。

f:id:unotaku2727:20180917214644j:image

 

使用例

f:id:unotaku2727:20180917214732j:image

 

厚さが薄いので水の抵抗が少なく水流か起きにくい、写真の様に底砂とガラスの間とかでも使えるし、なかなかイイ感じです。

 

以上、薄い内容を誤魔化すためダラダラ書いてたら長くなりました。

 

 

 

上部フィルターの作成

メキシカンオレンジドワーフの水槽は投げ込み式を使ってましたが濾過力をアップさせるべく濾過器を探していました。

ところが使っている水槽が30cmのメダカ飼育セットとかで売られているサイズ。

それに合うのはほぼ外掛け式。

水作から上部式のブリッジフリーSが売られているけどコレは過去に使ってちょっと合わなかったので…

 

f:id:unotaku2727:20180826080812j:image

 

とゆー訳で作りました。

材料は…

100均のシューズケース

100均のネギを保存する容器

水道用のパイプ類

水作フリーSに付いてたポンプ

その他余り物

f:id:unotaku2727:20180826080757j:image

 

工作としては容器に穴をあけてパイプを切って取り付けるだけ。

基本部分はあっとゆーまに出来上がり。

f:id:unotaku2727:20180826080853j:image

 

あとは水が溢れたり漏れたりしないか、またフィルター内の水位を決めるため動作確認し、

排水パイプの高さを決めて切るだけ。

写真では見えませんがリング濾材の下にエアストーンを入れてバクテリアのための酸素供給と水流を作ってます。

 

濾材を入れたとこ その1。

テキトーに余ってる濾材を入れたので支離滅裂。

f:id:unotaku2727:20180826080906j:image

 

濾材を入れたとこ その2。

幅は丁度いい感じ。

中が見たいのでそのままにしてますが、

カッティングシートを貼ると見た目がスッキリすると思います。

f:id:unotaku2727:20180826080943j:image

 

今回はポンプを買わなかったので追加投資は500円位。

 

 

WL-50 トランスミッターホルダー(?)の作成

いつも前置きが長いので今回はいきなり製作から。いつもの前置きは後半で。

 

使った材料は得意の百均で買ったトレーとPP(ポリプロピレン)のシート(厚さは0.75mmと1.2mm)

f:id:unotaku2727:20180715160346j:plain

 

トレーは厚さが2mmのためベース部として使用。

PPシートで本体部分を作ります。

f:id:unotaku2727:20180715160925j:plain

 

ベース部はネジ穴あけて、磁石を埋め、裏にフェルトを貼っておきます。

f:id:unotaku2727:20180715161035j:plain

 

本体は部品を折って接着して内側の一部にフェルトを貼ります。

写真ではわかりませんが中にステンレスの板を貼ってます。

f:id:unotaku2727:20180715160943j:plain

 

本体内にジャックを取り付け、プラグと繋ぎます。

カッティングシートと自作のステッカーを貼ったら出来上がり。

f:id:unotaku2727:20180715161001j:plain

 

取り付けると こう↓

f:id:unotaku2727:20180715161017j:plain

 

ベース部はストラップピンのネジで止めています。

そのせいで付け外しが面倒なため本体とベース部が分離するようにしました。

磁石で付いているのでハードケースに入れる時などは取り外してベース部のみギターに残す事が出来ます。

f:id:unotaku2727:20180715163920j:plain

 

以上、BOSS WLー50のトランスミッターホルダーの製作でした。

 

 

ーーー 以下、普段の前置き ーーー

今回、BOSSから発売されたワイヤレスシステムを買いました。

普通に取り付けると こう↓

f:id:unotaku2727:20180715161107j:plain

 

・・・・

 

飛び出すぎじゃね?

ぶつけてしまいそうで怖いし。

f:id:unotaku2727:20180715162225j:plain

 

ま、こうなる事はBOSSさんのサイトで見てたのでわかってたのですが、

実物で確認すると、やはりなんとかしたいところ。

 

って事で対策を・・・

 

ページトップへ戻る。

 

横着者の水槽の床製作

ザリガニはエサを食べ散らかすしフンは沢山するし

ですぐに水槽内が汚れる。

なので床材の掃除をこまめにやらないと床材の隙間に食べカスやらフンが溜まって水質が悪化します。

床材には大磯砂を使っていましたが、掃除の度に排水パイプに吸い込まれ効率が悪いので

最近はベアタンクにしてました。

ゴミが吸い取りやすいメリットはありますが、床材にバクテリアが棲みつかないので水質悪化が早いような気がするしやっぱなんか殺風景。

何か良い方法はないかと考え、作ってみました。

 

まずは基材となるアクリルシート(0.5mm厚)を水槽の内寸で切り出します。

f:id:unotaku2727:20180624221837j:image

 

シリコンシーラントを塗り広げます。

今回、厚さは1mm〜2mm程度にしてみました。

f:id:unotaku2727:20180624221845j:image

 

シートより少し大きめに作った枠を置いて、

f:id:unotaku2727:20180624221854j:image

 

大磯砂をザザーーーっと投入。

f:id:unotaku2727:20180624221902j:image

 

砂を広げて上から押さえつけ、しばし乾燥させます。

f:id:unotaku2727:20180624221935j:image

 

乾いたら枠をどけて、余分な砂を手で掃います。

f:id:unotaku2727:20180624221945j:image

 

持ち上げて余分な砂を落としたら完成。

写真は多いけど作業は至ってカンタン。

f:id:unotaku2727:20180624223140j:image

 

アップ。

思ってた以上に自然な感じに仕上がりました。

シリコンシーラントが薄かった所は砂が上手く着いてませんね。

気が向いたら追加で貼っておきます。

f:id:unotaku2727:20180624223400j:image

 

完璧に乾かしたいのでもうしばらく乾燥させます。

来週、水槽の掃除を兼ねてこの床材をセットしてみます。

 

しかし、我ながら内容が薄い時は工程の説明が細いな。。。

 

 

 

 

 

折りたたみ椅子をギター弾きの椅子に改造する件

腰痛持ちのためちょっと前からコレを使ってるのですが、

座面が低いため長い時間座ってると今度は膝が痛くなってきました。

 

ので 仕方なく新しい椅子を買ってみました。

近所のホームセンターで1980円也。

今度のは普通の高さ。(最初から普通のを買っとけば良かったって話です)

 

今回も畳の保護が必要なため折りたたみ式椅子台(?)を作りました。

 

で出来たのがコレ↓

今回は色々機能を付けたのでゴチャゴチャしておりますが。

f:id:unotaku2727:20180623224556j:plain

 

機能その1↓

足置き。

ギターを弾く時に足を乗せると楽なヤツ。

足が長い人には不要な装備です。

構想段階では高さ調節機構を付ける予定でしたが、設計上のミスで付けられなくなりました。

つーか、これ以上成長しないだろうし自分以外に使う人がいないから高さ固定でも問題ないと思います。

f:id:unotaku2727:20180623224619j:plain

 

2つめ↓

f:id:unotaku2727:20180623224604j:plain

 

簡易ギタースタンド。

ちょっと休憩する時や急に便意を催した時にギターを床に置くのは気がひけるし、

かと言ってギタースタンドまで戻してると漏らしてしまうので (^-^;)

f:id:unotaku2727:20180623224612j:plain

 

続いてこちら。

クルッと回すと、、、

f:id:unotaku2727:20180623224626j:plain

 

ヘッドフォン掛けになります。

ちょっと休憩する時や急に便意を催した時にヘッドフォンを床に置くのは気がひけるし、かと言って所定の位置まで戻してると漏らしてしまうので (^-^;)

f:id:unotaku2727:20180623224638j:plain

 

後半面倒臭くなってきたのと次のネタを思いついて気持ちがそっちに行ったのでカナリやっつけ仕事になりましたが、腰と膝には良さそうだし、

何よりウ◯コ漏らさなくなりそうです。

 

 

 

 

ピックの新素材追加

 

去年の11月にピックを自作(オリジナルピックを作るオリジナルピックを改良してみた)して以来、市販のピックを買っていなかったのですが、
久しぶりに買ってみました。
買ったのはコレ↓
ウルテムです。

f:id:unotaku2727:20180530084521j:plain

 

いままでいろんなピックを試してきましたが、ウルテムを忘れてました。
巷ではべっ甲に代わるものとか、爪で弾いた感覚とか言われていますが、
なんせべっ甲ピックを使ったことがなく、爪でも弾かないので
それらの感想がピンと来なかったので興味本位で購入(108円也)
毎回市販のピックから削り出すのは費用負担が大きいので(とは言え1枚100円ですが・・・)
良かったらシートを買おうと思います。

 

いつも通りテンプレートを使って穴をあけたり、切ったり、削ったり、磨いたりして完成。

f:id:unotaku2727:20180530091246j:plain

 

早速使ってみたところ、
思ってた以上に音が硬い感じで出音も大きめ。
ブラッシングの音もパリッとした感じでした。
各弦の音がハッキリ出る感じでしょうか。
写真の3種類では以下の順で硬い印象です。

ポリアセタール<硬質塩化ビニール<ウルテム

普段はポリアセタールを使うことが多いのでカナリ印象が変わりましたが、

慣れの問題もあるかと思うのでしばらく使ってみようと思います。

 

クリップ式チューナーを見えなくする作戦

クリップ式チューナーはダダリオのPW-CT-12という小さいのを使ってます。

使う度にディスプレイの角度を変えたりする必要がなく、ヘッドからニョキッと飛び出してないのが気に入ってます。

前から見たら付けてないのかと思うくらい…

f:id:unotaku2727:20180526004836j:image

 

が、黒いクリップが…

惜しいっ、これさえ見えなければ完璧なのに。

とメーカーさんも思ったかどうかは知りませんが、

f:id:unotaku2727:20180526005010j:image

 

いつのまにやらこんなバージョンが発売されてました。

チューナー本体は同じ物ですがベース部分が違う。

f:id:unotaku2727:20180526005956j:image

 

ををっ!これなら前からは何も見えないじゃん!

と喜んだのもつかの間、コレはペグを留めてるネジでチューナーも固定する仕組み。

オイラのペグはヘッドの裏のネジが無いタイプ。

なので    使えません  Orz

f:id:unotaku2727:20180526054313j:image

 

このタイプ用のは発売されてないみたいなので

作るしかない。

って事で作ってみた。(ようやく本題)

 

使ったのは余ってたプラ板のみ。

ホンモノのベース部の厚みを計ると2.4mmだったので

使ったプラ版は厚さ0.4mm☓1枚と1mm☓2枚。

 

薄い方をペグとヘッドの間に挟むようにして取り付ける仕組み。

挟む厚さ分だけペグのポストが低くなるから厚くしすぎない方が良いと思います。

 

テキトーに型をとって。

f:id:unotaku2727:20180526054346j:image

 

切ったり削ったり貼ったりして完成。

作業時間の殆どは白い部分の穴の加工でした。

ここの形と厚みを上手く作らないとキツかったりユルユルになるからちょっとだけ慎重に。

f:id:unotaku2727:20180526054405j:image

 

接着剤が乾いたらギターに取り付け。

バッチリじゃん。

って、位置合わせして接着したから当たり前なんですが。

f:id:unotaku2727:20180526055519p:image

 

前から。

なぁんも見えません。

f:id:unotaku2727:20180526055708j:image

 

チューナーの反応も問題無し。

 

スッキリしました。